最近のトラックバック

掲示板

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

レジェンドオブレガシー@ビアンカ編・エンディング

ケルビムのドロップ粘る予定だったのですが、

ビアンカ編クリアしちゃいました(* ̄ー ̄*)

 

今回も動画を撮りましたよ(*´ェ`*)

YouTubeでも見られます

動画の編集の勉強も兼ねて作ってみました。よろしければご覧くださいませ^^




ビアンカ編のエンディングは好きですね。

まあ『ビアンカが何者なのか』ははっきりしないので消化不良と言えばそうなのですが、最後のまとめは好きです。


動画には載せませんでしたけど、ココもビアンカ固有のコメントがありますね。

Hni_0075

無理矢理ビアンカの正体を推測するとしたら・・・・

Hni_0003

Hni_0004
ココのコメントと↑

歌う岩の一節

若きアミリウス、彼は天才発明家であり、
また優れた工芸家でもあった
彼は特に生命の秘密に強く関心を持ち
鳥や、獣や、その他多くの生き物に似せた、
美しい自動人形を作り上げていった
精霊都市を管理する自動人形もまた
彼の発明のひとつである




このあたりのエピソードから考えて人間に興味を持っていたアミリウスが、人間を試作していて、それがビアンカだったのかも・・・というところなのかしらん?



詳しいエピソードは3月発売の公式ガイドブックに記載されるかもしれませんね。

お値段がアレですけど、楽しみでもあります。

レジェンドオブレガシー@ビアンカ編・ステ上げ中

タイトル変更しました。誰主人公で何をしたのか、記事タイトルに入れ込むことにしました。(過去記事の修正・加筆をするときにわかりにくかったのでw)



現在3周目、主人公ビアンカにて終盤でございます。地図は『神々の頂』まで出ております。


ビアンカ編ではシナリオ回収のための周回のつもりで進めていますので、アイテム回収とかについてはあまり意識せずにすすめているのですが、ケルビム装備最後の『バンジャ・ドゥバン』だけは狙っておきたいので、バトルを楽にするためにステータス上げ中です。




場所は、グレートクラックにてレッドジャケット率いるキラースワプ軍団です。

Hni_0025

上の○をつけた三か所を巡る旅です。





岬の廃村(1)にて、星待ち草の回収

Hni_0030

グレートクラック(2)にてキラースワプ狩り

Hni_0033

Hni_0035

時々、精霊花の蜜を落とします。




テーブルマウンテン(3)西にて、体力の回復

Hni_0031

入ってすぐに回復ポイントがあるので、イニティウムまで戻るより早いです。難点はAボタン連打してしまうと、テーブルマウンテン南に入っちゃうことでしょうかww




この3地点で、回復アイテムの回収及び、ステータス上げです。





あらかじめ、全員アタック、サポート、ガードのポジションをつくっておいて、一回のバトル中に複数のポジションにて行動ができるように調整しています。

Hni_0034

A→アタック、S→サポート、G→ガード オンリーのフォーメーションにしています。(因みに『かくせい』は覚醒狙いの時に覚醒したいキャラ以外は『ターンオーバー』にして回避カウンターにして使っています。『壁WW』は壁張りWind&Waterの略です。フォーメーションは使用用途に応じてマメに作り直すと良いと思います)

ここでがつがつ戦って、全員のステータスがすべてのポジションにでLv30を越えました。

現在はこんな感じ↓

ビアンカ アタックLv35、ガードLv32、サポートLv35

オーウェン アタックLv32、ガードLv36、サポートLv32

ミュルス アタックLv39、ガードLv32、サポートLv32

今後は、どちらかというとサポート系に特化してもらいたいビアンカにサポートとガードを。

カウンター&攻撃に特化してもたいたいオーウェンにはアタックとガード。

攻撃とややサポートをしてもらいたいミュルスにはアタックとサポートをもう少し厚くしていくつもりです。

がつがつ戦っていたら、SP回復アイテムもカンストしていましたw(途中から、カンストが目標になっていたということは内緒です)

Hni_0038

これだけあれば、砂漠のダンジョンに籠っても安心ですね。

砂漠のダンジョンはステ上げ&覚醒に使いたい場所なのですが、なんせ蜃気楼を探すのが面倒なので、一度入ったら粘りたいのです。そのためにSPを回復するアイテムがたくさん必要なのですよね。

あとはケルビムやラスボスにむけて、ステ上げといくつかの残った覚醒を狙いつつもう少しの間作業が続きます。

目標は・・・

オーウェンに「雲耀」と「ベルセルクル」の覚醒。

ビアンカは最上位技は覚醒していないのですが、SPが低いのでSP消費の高い戦技はあまり打つ機会がないのでステ上げを。(むしろ、壁張りとか回復などサポートのお仕事をしっかりしていただきたいのでw)

ミュルスは全部覚醒終わっているのでひたすらステ上げに集中してもらいます。


ということで、砂漠の岩山に向かってバガー先生と戦って
気がすんだら、ケルビム(『バンジャ・ドゥバン』ドロップ)、そしてラスボス戦に向かいたいと思います。
来週には4周目に突入できるかな。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・26

終盤にむけて覚醒するのだ



すでに『アヴァロンの書』埋め目的の全技&術覚醒は前の周回で終わっているので、これから使いたい技を覚えるために修行中です。

今回も使用武器は弓、杖、剣、大剣の4種類でございます。盾は霊器の関係から外しています。


覚醒ですが、やはりモンスターのランク(覚醒に関するパラメーター)によって閃ける技が決まっているようですね。(0ではないかもしれませんが限りなく0に近い)

序盤はマップ上のボス戦で。少し体力がついたら(HP150くらい)、翼獣相手に2ターンくらい粘って全力逃走で覚醒を狙いました。

『沸き立つ海』が出たら、リザードマン先生に。

『グレートクラック』が出たら、レッドジャケット先生に。

そして最後は『砂漠の岩山』にてバガー先生に。



リザードマン先生からは、

剣技:ローカット。杖:フットルース。大剣:吹き流し。弓:フラテルサイド。

レッドジャケット先生からは、

剣技:逆地生。杖:滝流し。大剣:懸待一致。弓:固定砲台。

このあたりを目指して覚醒を粘っておりました。

それ以降の技はバガー先生に弟子入りをします。特に上位2枠の技は、ストーリーと関係ないモンスター相手じゃないと覚醒が難しいんじゃないかなと思います。



さてレッドジャケット先生に稽古をつけてもらって、ほぼ閃き終わりました。

Hni_0006_2

Hni_0007

Hni_0008

Hni_0009

Hni_0010

Hni_0011

Hni_0012
↑精霊術も水もリフレッシュまで閃いています。

今周回では技コンプ狙っていないので、大剣の『吹き流し』は覚えていませんが放置ですw

グレートクラックはポジションをくれる冒険者も出現するので、一石二鳥です。(沸き立つ海も入口すぐに出現するので、敢えて開発でそのようにしているのかもしれませんね)


それにしても・・・ビアンカのHPは本当に伸びませんね・・・ラスボス前には350くらいは欲しいのですけどね。

恐らくバガー先生にも稽古をお願いするので、最終的にはHP350はこえてくるとは思いますけど。。。基本ビアンカは、杖を振り回してカウンターを狙っているか、精霊術でサポートがお仕事です。でもHPが低いので、風呼びをしておかないと怖い状況なのですよね。(風呼びをすると物理攻撃の被ダメージ・与ダメージが下がります)

でも風呼びをすると戦闘が長引くので、水か炎だけ呼んで上から殴りたくなることも多々あるのですよね。。

フォーメーションも整えて、時短でクリアできるように調整したいところです。

それにしてもミュルスは相変わらず優秀です。前回は主人公補正があるのか?とも思いましたが、今回もHP、SPともに伸びが抜群。覚醒も優秀です。今後別の主人公で初めてもきっとまたパーティに入れると思います。いや、間違いなく入れます。これから始める方がいらっしゃればミュルスはおすすめですよ。(SPの伸びはミュルスとエロイーズがダントツですね。エロさんは技の覚醒の方でちょっと苦しめられましたけど。)




さて、これでひとまずラスダン前までの心残りがなくなったので、一気にラスダン目指して進んでしまいたいと思います。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・25

歌う岩(ささやく岩)の歌をつなげてみたYO



3周目ビアンカはもくもくと進めております。現在大陸を浮上させたので、グレートクラックにてレッドジャケット先生相手に技の取得を進めほぼ終わったところです。


さて、各地に点在する『歌う岩』(ささやく岩)。何やらアヴァロンの物語について断片的に語っていますね。

1周目は、何のことやら&ボタン連打で読み飛ばしたりしていたのですけど、2周目からは歌の内容を回収してみました。

このゲーム最近多くなったやたらとストーリーが厚いRPGではなく、断片的な会話だったり、情報だったりから世界観を知るしかないタイプのゲームですよね。(ストーリーが薄いorないとも言う)
でもそんなゲームでも世界観を知るとまた違った思いでプレイできるものですね。(私の場合ロマサガ1とロマサガ2がそんな感じでしたw)

今回は『アヴァロン』の伝説を解き明かせるかもしれない(?)歌を無理やり組み合わせて『アヴァロン』に起こった悲劇(?)について考えてみることにしました。


原文のままの箇所もありますが、内容が重複するため削除している部分もあります。加筆はしていません。(←句読点は追加しているところがあります)

m(_ _"m)ゴリョウショウクダサイ

太古、我らは王とともに彼の地へと降り立った厳しい土地であった。
されど王たちは聡明であり味方する精霊たちは力強かった。
古き王たち、ひとつの言葉にて精霊と語り彼の地に街を作りあげ、我らの都と定めた。

 精霊の言葉衰えし頃、現れしは王たちの裔、精霊の女王リリス。
四つの止まり木を以て、精霊たちの交流を蘇らせた。
とまり木はやがて、我らと精霊の街となり四方より都を支えた。
都は美と、音楽と、平穏に満たされ我らが永遠の都となった。

 精霊の女王が門弟に、一人の天才がいた。
その名をアミリウス。リリスのとまり木を元に、

全ての精霊を収める最強にして究極のとまり木『星杯』を作りだした。
星杯は世界の壁を超えて膨大な精霊を呼び寄せ
その力によって、人々を業病の定めから解き放った。

 若きアミリウス、彼は天才発明家であり、
また優れた工芸家でもあった。
彼は特に生命の秘密に強く関心を持ち鳥や、獣や、

 その他多くの生き物に似せた、美しい自動人形を作り上げていった。
精霊都市を管理する自動人形もまた彼の発明のひとつである。


新しき王は、衰え始めた我らが生命を
しもべたちを呼び集める、とまり木を創り出し
永遠不滅なるべしと唱えた
最強のとまり木、グラアルによりて
この地に降り注ぐしもべらの輝きを集め
我らはあらたなる活力を得た
我らが都は、永遠不滅のものとなった


されど、星杯、精霊たちをひどく酷使する。
今や精霊たち、我らが友ではなく
我らが、星杯のしもべとなる。

星杯集めし光は精霊が命。
星光喰らいて永遠を生きるべきか、このまま土に還るべきか。
彼のものの名は賢人アミリウス。この地に仇なす我らが敵



星杯、その力はあまりに強く、甘い
星杯、その力はあまりに弱く、苦い
星杯の恩恵を受けたる者、もはやいかなる業病からも解き放たれ
鳥のごとき、獣のごとき、自由な活力を得て
されど星杯の恩恵受けたる者、絶えずその力への乾きにさいなまれ
その乾きに耐えられなくなった者、闇へと堕ちもの想わぬ獣と化す。

 

新しき王アミリウス、星杯を更に鍛え
我らが滅びの定めを癒す。

 

古き王、精霊の友人リリス、これに異を唱え、新しき王、大いに怒る。
かくして古き王、かつての門弟により都を追われしさすらい人となる。

 

都を去りし古き王とまり木の街をめぐりて宿将と結び
都の新しき王に抗した。
彼らに味方する者、王に味方する者、我らもふたつにわかれ争った。
古き王に味方する精霊、新しき王に臣従する精霊

彼らもまた二つに別れ争った。

それは、我らが戦い

新しき王は雲上の都に
古き王は地上の丘に
精霊たちも別れて争い
空は唸り、海は荒れ
大地は身を震わせた

 

宿将たちが古き王への忠誠を誓う中
ただ一人、ケルビムだけが新王についた。
ケルビムとその配下たちは
三人の宿将たちと勇敢に戦った。
だが遂には打ち負かされ
その街は滅び、呪われ、地中へ深く沈んだ。
されどその間に、新王は都の護りを完成させ
護りなき地に、大いなる災害を呼び寄せた。

戦いの果て、我らは敵も、味方も、この地とともに
海へと飲まれようとしていた。
古き王は三柱の将と図って沈みゆく大地を支えようとしたが
もはや王にはその力も、生命すらも残ってはいなかった。

 

 

そのとき、小さな反乱が起きた。
古き王とともにこの地を支えていた精霊たちの街の将たちが
支える力のすべてを、ただ王の丘のみに集めたのだ。

 

 

古き王は、衰え始めた我らが生命を
ただ受け入れて、この地の一部となることを唱えた。
我れが生きた証は新たにこの地に育つ生命へと
託すことを夢みて。

かくして古き王はこの地の残骸とともに地上に取り残され
地上の一部となって、我らと、精霊たちを、歌い紡いだ。
都の新しき王は、遥かなる高みから
彼が守りし民とともに、海中へと消えた。
はるかな未来復活の予言を歌い残して。

 

いつの日か、この地に栄し者現れれば
必ずや、しもべたちの力を欲し
我らと、その力を蘇らせるであろう
その日まで、しもべの力は
ただ、都を守るためだけに使おう

 

我らの王は歌い続ける
精霊たちへの祝福の歌を
この地に生まれし者
精霊たちと共にあれとの願いの歌を

王の歌を継し者、もし現れるならば
汝らと精霊たちに我も祝福を歌おう
願わくば、過ぎた望みにて
海中の呪いを呼び覚ますよう願おう

とまり木は遺跡にある尖塔を持った装置のことですね。それぞれ、作動させると水、風、炎の精霊を呼ぶ装置のことです。星杯は『とまり木』ですが、他のとまり木と違い、すべての精霊を呼ぶことができるのだとか・・・(ココ談)

古き王リリス側についたケルビム以外の3将は、ガリアーノ(水)、

ロード(風)、セラフィン(炎)です。ココが教えてくれます。




《森の廃墟》

Hni_0018

Hni_0019

《谷の遺跡》

Hni_0016

Hni_0017

《海の遺跡》

Hni_0014

Hni_0015


アミリウスは星杯(グラアル)を作って、永遠の命を手に入れた。しかしその代償として多くの精霊の犠牲にする。

そのことに異を唱えた古き王リリス。リリスはアミリウスの怒りに触れ、都を追われた。

リリスは都の四方を守らせていた、ガリアーノ、ロード、セラフィンと共に、アミリウスと戦った。

ただ一人、新王に味方したケルビムが3将相手に戦っている間に、自分の都の護りを固め《護りなき》地に大いなる災害を呼び寄せた。

大いなる災害により、アヴァロンは海に沈み始める。

古き王リリスとその三柱の将たちも力をあわせて大地を支えようとしたが、もはや力も生命も残っておらず。そこで三柱の将や精霊たちはすべての力を《王の丘》だけに集めはじめた・・ということですけど、きっとこれですよね↓リリスの成れの果て(?)

Hni_0093

《王の丘》に力を集めて、自分たちも海へと沈んでいくが、アミリウスとアミリウスの都も海の底に封印してしまった・・・・こんなところでしょうか。

因みにココによると1000年前の出来事らしいですよ。(ココを消さないエンディングで話が聞けます)

いずれにしよ、復活をとげたアミリウスは多分『星杯』の力にのまれて『邪神』と化してますので、力いっぱい撃退するしかありません。

ところでココはこんな発言もしています。

Hni_0031

Hni_0032

Hni_0033

Hni_0034

Hni_0035

Hni_0036

Hni_0037

Hni_0038

・・・『ですが・・・・。』の先の話は聞けません。ココ、いつでも肝心なことは言わないんだよね。

ということで、わかったようなわからなかったような歌う岩のまとめなのでありました。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・24

ミュルス編エンディングです




ケルビムからは『茨のお守り』をゲットしたので、ミュルス編終了することにしました。

Hni_0053

引き継がないアイテムみたいですけど、アイテムコンプするためには必要となるので良しとしましょうか。。。。。60戦程戦闘したのは内緒ですwww


ミュルス精霊使いで、精霊が集まっていくアヴァロンへとやってきたわけです。星杯を守っていた新しき王は精霊をたくさん集めてその力で世界を支配をしようとしていたので、ミュルスくんにとっては『悪しき者』と位置づけられている感じでしょうか。。。

Hni_0058

Hni_0060

Hni_0061

Hni_0063

公式絵でセンターに描かれているミュルスくんですから、シンプルに勧善懲悪な関係なのでしょうか。



今回は2周目ということもあり、神々の頂にいる神人を全部倒している(砕いている)のでラスボスはいきなり第二形態からのスタートとなります。

今回は前回よりパーティが強いのでなめてかかったら、全滅しました(笑)

3回攻撃してくるので、壁が切れていたりすると結構ダメージ喰らうことをすっかり忘れておりました。





何回か戦闘した結果、何も考えずに第二形態ラスボスを突破する手順をメモしておきます。(諸事情により4回倒しています)

最低でも、



必ず一人は回避カウンター

 
壁が切れたら貼りなおす

とりあえず、これを守っておけば、簡単に全滅することはないと思われます。



戦闘の準備と行動パターン

準備:回避カウンターは全員に修得させましょう。大剣技『懸待一致』、杖技『滝流し』(できれば『即天去私』)、盾技『ベアカバー』あたりがオススメです。

ポジションは、ターンオーバー×2とストライク×1で構成。全員が回避カウンター持ちでしたらターンオーバー×3でも良いでしょう。

私のパーティでは一人は回避カウンターを使わせずに、手の空いている時に攻撃をさせていたので、火力の上がるストライクを採用しています。

今回のパーティでの配分はこんな感じ↓

ミュルス→ストライク→風、炎呼び。手が空いているときは攻撃。(スプラッシュウォール必須)

ガーネット→ターンオーバー、水呼び。『水呼び』と『即天去私』。(スプラッシュウォール必須)

フィルミア→ターンオーバー。常に『懸待一致』で回避カウンター。ガーネットが回避カウンター体制に入っているときは通常攻撃の場合も。

行動パターン↓

仮にミュルスA、ガーネットB、フィルミアCとしておきます。

1、A風呼び。B水呼び。C回避カウンター

 

2、Aスプラッシュウォール。B水呼び。C回避カウンター。

 

3、A攻撃or炎呼び。B水呼び。C回避カウンター。

 

4、A風呼び。B回避カウンターor回復。C回避カウンター。

 

5、A攻撃or回復。水呼び。C回避カウンター。

以降4~5を繰り返し、時々壁張り・・・というパターンになります。
壊滅寸前でないかぎりは、精霊呼びと回避カウンター一人は確保します。

3の炎呼びはベルセルクルやウォームアップを使いたい場合に呼んでいますが、ベルセルクルを使うと防御力が下がるのでHPの低いパーティにはおすすめしません。

風が優勢だと、相手に与えるダメージが減りますが、受けるダメージも減るので、安全に戦えますが、時間がかかります。HPが不安な場合は水と風を交互に呼び続けるとかなり安定します。
ある程度ガードレベルも高く、HPもそこそこある場合は、風呼びは4回に1回。水呼びは1ターンおきに行うとそこそこ相手にダメージが入ります。
(実際にはA風呼び→攻撃→攻撃→攻撃→風呼び・・・という行動をとっています)

壁には注意して、切れたら張りなおす。風呼びor水呼び担当のどちらもスプラッシュウォールを所持しておきましょう。


精霊秤が壊れているのでどの属性が優勢なのか目で判断できないので、ダメージ量が大きいなと思ったら風を呼ぶ。水はとにかく1ターンおきに呼んでおけば間違いないですね。スプラッシュウォールのもちもよくなります。とにかく開幕3ターン目まで水呼びをしてその後1ターンおきに水呼び&水呼びのないターンは風呼びとしておけば良いと思います。

最低でも回避カウンターを使うキャラが一人はいた方が安心です。直接攻撃を使ってこない場合は不発に終わりますが、一番怖いのは3回行動してくる直接攻撃なので、抑えておいた方が良いポイントです。

ティタノマキア、バベルゼロは一回攻撃ですが、壁を張っていなければHPの半分くらいもっていかれるので注意が必要ですね。ただ邪が優勢になっているとかなり痛いです。


全編通して運ゲーと言われるところもありますけど、とりあえず壁張りとフィールドがコントロールできれば勝率がかなり上がるゲームなのでその辺は注意したところです。(雑魚的になす術なしのことも多々ありますけどw)

幸い(?)ラスボスは『なす術なし』なことはしてきませんので安心ですね。




エンディングです。

ミュルス編 エンディング、直撮り動画ですが、アップしてみます。(つべです)

ラスボス戦闘終了後からエンディングまで。スタッフロールはカットしています。

7人プレイするのは面倒だけど、エンディングを見たい方のためにw

次は結局ビアンカでスタート。一応、アヴァロンと深いつながりのありそうなキャラにて始めることに・・・・。(あとはフィルミアもやっておきたいな)

Hni_0065
オープニング終了後、メンバーはさくっとチェンジ。

Hni_0072

3周目なので、小林さんのイラストになりました~。テンション上がります。ビアンカのHPが育ちにくいとの評判なので、もともとHPの高いオーウェン、HPとSPともに伸びやすいミュルスくんに引き続き頑張ってもらいます。


開始早々、森の遺跡にて・・・

Hni_0073

いきなりスプラッシュヒルトげっとですー

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・23

ケルビムの倒し方を考えてみた

神将ケルビム、『パンジャ・トゥバン』のドロップを狙って粘っています。

・・・が落とすのは『ラハト・ケルブ』ばかり。そろそろ心が折れそうです。


ということでケルビムの攻略について考えてみました。

ケルビムと言えば『火炎の一薙ぎ』。『火炎の一薙ぎ』と言えばケルビム。非常に恐ろしい技ですね。バトル開始早々、これを使われた日には即リセットですね。何も対策をしていなければ600前後の被ダメが予想されるので、大半のパーティはひとたまりもないでしょう(笑)


『火炎の一薙ぎ』対策には『水』優勢のフィールドと『スプラッシュウォーター』なのですが、今回はフィールドの維持とコントロール、手早く終わらせる方法を考えてみました。

フォーメーションは水呼び&風呼び&アタッカーで構成します。
ポジションは、ストライク×1+マッチアップ×2にしました。マッチアップのふたりは、水呼び(or風呼び)+攻撃(回避カウンターではない)だけなので、サポート系のポジションでも良いかも。

戦法は、水優勢のフィールドを作ります。邪<風<水(理想)

水優勢で火力のアップ&火炎の一薙ぎの被ダメージを抑えることと、風の恩恵として防御力が全体的にアップするので両方を上手に利用します。水より風が優勢になってしまうと、攻撃力が落ちますので、その辺の調整を行っていきます。(スプラッシュウォールの維持も狙っているので水が優先されます)

ケルビムはカウンター技を使うので、直接攻撃ではない技を使いましょう。(←ここ重要です)

バトル開始時点のフィールド↓

Hni_0029_2
邪優勢です。ここで『火炎の一薙ぎ』がとんでくると、リセットです。常識です。



1ターン目。攻撃&水呼び&風呼び

Hni_0030_2

Hni_0031_2

Hni_0032_2

2ターン目開始前のフィールド↓

Hni_0033_2
まだ邪が優勢です。

2ターン目。攻撃&スプラッシュウォール&風呼び

3ターン目開始前のフィールド↓

Hni_0034_2

風が優勢になりました。理想は水優勢(邪<風<水)なので、調整をします。

3ターン目。攻撃&水呼び&攻撃(風呼び担当)

4ターン目開始前のフィールド↓

Hni_0035_2
これで水優勢になりました。ほぼ理想に近くなりましたが、今後の安定行動のために、フィールド調整を行います。

4ターン目。攻撃&水呼び&風呼び。

5ターン目開始前のフィールド↓

Hni_0036_2

邪<風<水のフィールド完成です。

5ターン目。攻撃×3

Hni_0037_2

Hni_0044_2

Hni_0045_2

水が優勢になったことで、火力がアップしますね。ミュルスくん『ヘカトンケイル』はポジション『ストライク』にて火力が補正されたこともあり、900~1700程度のダメージを与えます。(このダメージ量のばらつきは謎ですが。風優勢のフィールドでは400程度のダメージ量にとどまるので、水優勢維持がキモです)

スプラッシュウォール発動中と『水』が優勢のフィールドなので、『火炎の一薙ぎ』の火力はこのとおり・・・・イタクナーイ。

2ターン目までに火炎の一薙ぎがくると壊滅するので、その場合はリセットです。因みに3ターン目は風が優勢のフィールドになっているのでダメージは250前後くらいます。4ターン目以降は水優勢&スプラッシュウォール効果で下のダメージ量に抑えられます。3連続まででしたら『火炎の一薙ぎ』受けられます。

Hni_0040_2

6ターン目開始前のフィールド↓

Hni_0039_2

水、風ともに6ポイントずつ落ちています。このターンでは水、風をともに呼びます。次のターンのダメージを抑えるために、水風を呼びます。(何もしないと確実に邪が優勢になるので、次のターンに備えます)




6ターン目。攻撃&水呼び&風呼び。

7ターン目開始前のフィールド↓

Hni_0042_2

再度安定行動のターン。

7ターン目。攻撃×3。

これ以降は、『攻撃×3』と『攻撃&水呼び&風呼び』を交代に行うとかなり安定すると思います。パーティレベルによっては時間がかかるでしょうが、ダメージを抑えて、火力を上げることが両立して行えるフィールド展開だと思います。

因みに、水優勢のフィールドなので2ターン目で唱えたスプラッシュウォールは8ターン程度は持続します。はりなおさなくて良いのは助かりますね。


ケルビムのHPは与えたダメージから計算すると12,000~12,500くらいかな。火力によっては多少時間がかかりますが、現パーティだと3分くらいで撃破可能です。(バトルは早送り)



因みに、当方すでにゲームクリアできるレベルに達しております。(前回プレイ時よりかなり強くなっているので)

Hni_0052_2
ミュルス(A41:G31:S30)

カエル (A24:G38:S27)

ガーネット(A37:G28:S29)

↓動画も撮ってみた(笑)

さあ、バンジャ・トゥバン粘りますか・・・・(※50戦を越えましたが落としませんwコンプ厨ではないのでそろそろあきらめそうな予感・・・)

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・22

覚醒を極めたのだ




砂漠の岩山に籠ること苦節数時間・・・・。

バガー先生相手に素振りをし続け、ついに覚醒技コンプです。



(= ̄▽ ̄=)V やったね


久しぶりにテンションが上がりました。埋まるとうれしいですねぇ。



体術

Taijutu_sengi

Ken_sseng1

Ken_sengi2

大剣

Daiken_sengi

Ono_sengi

Yaru_sengi

Tsue_sengi

Yumi_sengi

Tate_semgi

Water

Wind

Fire

ミュルスくんが剣・杖・弓に続いて、精霊術の最上位技も覚醒。


カエルくんは、大剣・斧・槍の最上位技を覚醒。


ガーネットさんは、盾と体術で最上位技を覚醒。最後まで残った体術の『絶掌』と『鬼神三殺』はガーネットさんが覚醒してくれました。しかも、杖と弓ばかり使わせていたのですが、(最上位技覚醒のため)、まったく覚えない。そこそこ覚醒はするタイプなので器用貧乏なのか?上位技をなかなか閃いてくれませんwww

ところが、何となく体術を使わせてみたところ、さくっと覚醒。。。。


体術レベルかなり低かったので(全部レベル一桁台)、覚醒には技レベルはあまり関係ないのかもしれませんね。。。。バトル開始早々『掌打』で『亜空間殺法』を覚醒するし、同じ戦闘中に『ソニックブロー』→『ショットガン』と覚醒。

その後『亜空間殺法』→『絶掌』、『ショットガン』→『鬼神三殺』も苦労なく覚醒。オソロシイ子です。

体感ですが、ガーネットさんは盾、体術、風の精霊術が覚えが良いような気が・・・。杖を持たせて『即天去私』で回避カウンターを頑張ってもらう予定だったのですけどね。。。(滝流しまでは覚醒しているのですが)



因みに技の派生については『ゲーム攻略サイト@Hrs-Game』さんのレジェンドオブレガシー「覚醒」|戦技/精霊術の習得・派生データ一覧を参考にさせていただきました。ありがとうございます。




とりあえず、2周目の目標。ココ生還と技コンプは完了です。。

今後はケルビムからレアドロップを粘ります。(『パンジャ・トゥバン』もしくは『茨のお守り』)




それからラスボス撃破で3周目に行けるかな~。。。。(交易ができなくなってしまったので、3周目をプレイする気になりました。多分次はカエルくん。)

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・21

最上級技を極めるのだ



地図全種が出現したことで、あとはラストダンジョンへ・・・と言いたいところですが、アヴァロンの書の戦技欄を埋めるのが今回も目標。

順調に育ちレッドジャケット先生ではステータスが上がらなくなってきているので、次の先生に師事することにしました。

次はだれが適当かな?と調べていると砂漠の岩山にいるバガー先生が良いらしいということ。。。。大砂漠のマップ面倒なのですが、神々の頂で魔竜とかにあたると瞬殺されるので、せっせと砂漠探索。



大砂漠。蜃気楼。砂漠の岩山への入口です。

Hni_0058



ついでに、ネコ族の森入口。

Hni_0054

ついでに、砂漠のオアシス入口。

Hni_0053

ついでに、砂漠の洞窟(?)入口。

Hni_0056

なかなか目的のものが出現しなくて手間がかかります。でも覚醒のためです、今回はバガー先生を探しに砂漠の岩山へ。

Hni_0049

Hni_0050

Hni_0070

Hni_0073

Hni_0062

ミュルスくんがバリバリ覚醒してくれました。ミュルスくんひとりで杖・弓・剣はコンプです。


それに比べて他のふたりはなかなか覚醒してくれないww

残るは・・・

体術・・・絶掌、鬼神三殺

大剣・・・雲耀、おぼろ月夜

斧・・・・地竜撃、ターミネイト、冥帝の一輪車

槍・・・スタードライヴ、石割桜

盾・・・ブロックバスター、フォートレス



ついでに精霊術

水・・DDシールド

風・・ボールライトニング

炎・・ハイパーノヴァ

・・・となっております。今日も砂漠の岩山にこもることになりそうです。。。。






ところで、先日コチラの記事で、交易船のリセットマラソンの話をしたのですけど、バグ発生しました。リセットマラソン中でもなく、3DSの本体時間を変更したわけでもなく、直前まで普通に(リアル時間経過にて)交易ができていたのですが、突然ゲーム内での時間の経過が止まりました。(過去の時間変更はサブ3DSにて行っており、普段使用するDS本体とは別の3DSにて時間操作をしました。また年単位での変更はしておらず、1日ずらしを1週間行った程度です)

宿屋に泊ることで、ショップのアイテムはいれかわりますので、他に支障がでているわけではないようですが、これでアイテムコンプは今周回にでできなくなりました。(交易のみのアイテムの回収が終了していない)

原因がわかりませんが、地道にゲームをしなさいという神のお告げなのでしょうか。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・20

ネコ族のココ


前周回時の話。不用意に話しかけたためにボッシュートされてしまったココ

Hni_0096

Cocoshock

Hni_0098

Hni_0100

Hni_0001

・・・・・・ボッシュートされたココはこれから先姿を現さなくなります。

初見プレイだと絶対に飲み込まれますよね、ココ。



でも、ココを残したままのプレイも可能です。

ということで、今周回の目的のひとつでもある、ココを消さないでプレイです^^




ココイベントでは『ゴーレムコア・邪』が手に入ります。最深部の扉を開くのに必要なアイテムなのですが、ココイベントをスルーしても問題なく手に入ります。

Hni_0088

Hni_0089
壊れているジュエルゴーレムより左下あたりの光っているものが、ゴーレムコアです。このフロアの遺跡の機能を復活させていますので探しやすいですが、復活させていないと見つけるのが大変です。しかもすぐ近くに影人がいるしw


そして、次の問題。ココイベントでは影人との戦闘になりますが、そのイベントをこなしていないため、最深部のボスが影人3体となります。(こなしていれば2体と戦闘です)

Hni_0090
ちょっと威圧感があるかも。。。。



パーティのレベル的には、1周目でラスボス撃破時と同じくらいなので、壁さえ張ってしまえば楽勝です。またこのフロアの遺跡の機能を開封していないと、場が『邪』属性のみになっていますので、戦闘が厳しくなりますね。

きちんと対処して臨めば、恐ろしい相手ではないです。

因みに、ボスを倒しても『ココイベント』は発生しますので、ココを残したい場合は完全にスルーしましょう。ココイベントを発生させない場合、ネコの森でココに話を聞けますので、物語を読み解くにGOODですね。

Hni_0011

Hni_0012

Hni_0013

Hni_0014

Hni_0015

・・・一応感謝されているらしいです。

ネコの森。ネコ族たちが集まってきて癒されます^^ 

Hni_0009

囲まれると動けなくなります。話しかけると消えてしまうのが寂しい。

ココ以外は人間の言葉は話しませんけどねw



これで影石をゲットしたので、全マップが出現しました。あとは最上級技の覚醒を粘って、エンディングを目指します。アイテムの回収も多少粘ってみましょうかね。(アイテムコンプは厳しそうなので、次周回にまわすかも)

しばらくは、地味な作業が続く予感ww

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・19

ステ上げチュウ



ある程度の覚醒の回収ついでにステ上げ中です。


場所はグレートクラック。先生はレッドジャケット先生です。



ほぼ残すは最上級技のみとなりました。ついでにステータスももくもく上がっております。

地図の方は『沼竜の領域』をだいたい回り終えましたところです。(グリーンドラゴンは放置)


気が付いたら、パーティ発足当初一番HPの低かった我らがミュルスくんが、HP500越えをはたしておりました。カエルが伸びてないのですよね~

Hni_0084
ミュルスくんはSPも伸びてますねぇ。なかなか頼もしいお兄さんに育ってますね。




沼竜の領域では・・・

Hni_0075

Hni_0076
レッドホットリザードから『カラミティスパース』をドロップ。順調にアイテムコンプに向けても一歩前進です。




ミュルスくんのイベントって少ないのですが、岬の廃村ではこんなコメントが聞けました。

Hni_0078

新大陸浮上後、冒険王の話を聞いたあとの固有コメントかな?ミュルスくんはそもそも精霊の力が集まっている島の様子を見に来ただけの子なので『自分探しの旅』というところなのかな?


あと岬の廃村では、入口にいるココから『星待ち草』がもらえるので、グレートクラックでレッドジャケットと戦って、岬の廃村でココに話しかけるを繰り返しております。(今後のマップではがつがつSPを消費することになるので、アイテムは多い方がうれしい)



ココのコメントも変化していますね。

Hni_0079

Hni_0080

Hni_0082

いきなり『覚悟』とか言われても・・・何のことでしょうか?それに別にアミリウスの封印を解いたつもりはないのですけど、、、、余計なことをしましたかね?(←なんかちょっとココに責められている気分ですw)

アミリウス。言わずと知れた神人の王。


↓こんなコメもありましたね。精霊術の使い手らしいですよ??

Hni_0069

1周目は何のことかわからなかった(個人名を言われても誰なのかわからない)ので、2周目になってやっと『なるほど~』と思うコメントですね。


今のところ、古き王と新しき王が戦って、アヴァロン島が沈んだということしかわかっていない私ですww

歌を回収しつつわかってきたことは・・・



新しき王が、アミリウス。古き王はリリス。

歌う岩の一節

叡智を歌え、炎よ、若き天才アミリウスの叡智を
精霊の女王が門弟に、一人の天才がいた
その名をアミリウス
リリスのとまり木を元に、彼の者
全ての精霊を収める究極のとまり木、星杯を完成させる。



愛を歌え、風よ、我らが母なるリリスの愛を
精霊の言葉衰えし頃、現れしは王たちの裔、精霊の女王リリス
四つの止まり木を以て、精霊たちの交流を蘇らせた
とまり木はやがて、我らと精霊の街となり
四方より都を支えた
都は美と、音楽と、平穏に満たされ我らが永遠の都となった



『王たちの裔、精霊の女王リリス』と歌っているので、リリスは王の末裔。精霊の女王だけど、『古き王』とは歌っていないので、『リリス≠古き王』ではないのかしら??

・・・と思っていたら、古き王についての歌もありました。


怒りを歌え、大地よ、若き王アミリウスの怒りを
新しき王アミリウス、星杯を更に鍛え
我らが滅びの定めを癒す
されど、星杯、精霊たちをひどく酷使する
今や精霊たち、我らが友ではなく
我らが、星杯のしもべとなる
古き王、精霊の友人リリス、これに異を唱え、
新しき王、大いに怒る
かくして古き王、かつての門弟により
都を追われしさすらい人となる



門弟アミリウスに追われた女王リリス。不憫です。

精霊の女王ですから、精霊が酷使されていたことが気に入らなかったのでしょうね。

そして、『底なし窪地をねぐら』にしていたというケルビムについての歌も・・・・

宿将たちが古き王への忠誠を誓う中
ただ一人、ケルビムだけが新王についた
ケルビムとその配下たちは
三人の宿将たちと勇敢に戦った
だが遂には打ち負かされ
その街は滅び、呪われ、地中へ深く沈んだ
されどその間に、新王は都の護りを完成させ
護りなき地に、大いなる災害を呼び寄せた

ふむふむ。なるほど。もとはケルビムの街だった場所は、古き王の宿将たちとの戦いに負けて、滅び、呪われ、地中へと深く沈んだのだそうです。それで『底なし』の『窪地』になってしまったというわけですね。

歌の回収も今周回にておこなっているので、いずれはまとめたいな・・と思っております。

気が付いたら影人にも楽に勝利できるようになっていたので、これから底なし窪地へ向かおうと思います。ココ生存モードで突き進むのです。

おまけ。アミリウスと多分リリス。

Cimg2954

Cimg2956

小林さん絵はきれいですね。大好きです。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・18

Cimg2952_4



視界不良域にて





2周目は、アヴァロンの書を埋めることが目標の旅です。今回はアイテムコンプにははずすことのできない『視界不良域』のこと。


視界不良域には影人も出ますが、インテグラヒルトとオーロラオーラを狙います

特にオーロラオーラは引き継ぎ可能武器なのでぜひとも入手しておきたいところ。



視界不良域はランダムで各地に発生するので、タイミングがあったら粘ります。

Hni_0057_2

精霊秤が見事なほど『邪』の属性になっていますね~。今回はキラキラを調べることが目的なので、影人に出会ったら即リセットです。(影人からのドロップはまた別の機会に・・・)


オーロラオーラ狙いだったので、グレートクラックとテーブルマウンテン南で粘ってみました。(ネットでこの2か所からもゲットできたという書き込みを見たもので、この2か所です)




目的のマップが視界不良域であった場合。

クイックセーブ→探索→でなければリセット→ロード→一旦マップの外に出てすぐに戻る→探索→でなければリセット 

この作業を繰り返します。一旦マップの外に出ると、キラキラの場所は変わらずに、アイテムだけかわります。それを利用して、取れる限りのアイテムを確認してリセットを繰り返す作業です。

影人に会わないようにしながら、マップをまわりキラキラの場所を把握しておくと作業が楽。(何度か歩いているうちにいやでも場所を覚えるけどw)



・・・・グレートクラックにて3時間ほどは粘った結果↓(あまりにも出ないので書き出してみた)

オーバーガード、スプラッシュヒルト、ストームシンガー、
シュケル金貨、ゴブリン鈍器、ミナス金貨、貴金属の破片、カエルの黄金像、
ヘルメットライナー、薬箱、小動物のガラス像、銀糸の靴、エミリオン金貨、
トマホーク、ザッカート金貨、特注薬箱、緑水晶の杖、魔核晶石、防刀服、
ガラス石の破片、赤水晶の杖、ゴブリン鈍器、青水晶の杖、いたずらな瞳、
アイビーヒルト





オーロラオーラ出ませんでした!(インテグラヒルトも)



これ以上粘れない・・・・・と挫折。





そして、テーブルマウンテン南にも視界不良域出現!!

『これ以上粘れない』はずなのに、もう少し頑張ってみようかと、リセット5回目にて・・・・


出ました!!オーロラオーラ。(早速装備↓)

Hni_0074

テーブルマウンテン南では数か所のキラキラを調べて歩きましたよ。

因みにキラキラの出現した地点はこちら↓(○をつけたところ)

Cimg2953

途中2地点に影人がいました。(画面右上の倒木付近と画面中央の高台)

どこで出たかというと・・・入口からすぐに上がった先の丘の上。影人に遭遇する危険のないところにオーロラオーラでました。



結論・・・無理に奥まで足を踏み入れる必要なし。無理のない範囲でキラキラ確認。なければリセット、リスタートにて対応で入手可能。あとは粘るのみ!!



グレートクラックであんなに苦労したのに、あまりにもあっさり出たので拍子抜けしたのは内緒です。

さて、3月13日に『レジェンド オブ レガシー オフィシャルグラフィカルガイド』が発売されますね。どんな内容だろう。まだ表紙すら画像でてないからな~

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・17

Hni_0044

沸き立つ海~グレートクラック


2周目ミュルスくんの、全戦技覚醒の戦いは続いております。

現在はグレートクラックのレッドジャケット相手に覚醒と並行してアイテムもボチボチ回収中。


未覚醒残りは・・・

体術

当て身、亜空間殺法、絶掌、鬼神三殺

オムニバース、ニュームーン、花香競姿彩

大剣

チェリーゲイル、七胴落とし、雲耀、おぼろ月夜



エンドオブメトセラ、地竜撃、ターミネイト、冥帝の一輪車



ビッグウェーブ、突拍子、千変万化、スタードライヴ、石割り桜



グランシャリオ、則天去私




ヘカトンケイル、スターゲイト




ブロックバスター、フォートレス

まだまだたくさん残ってますね~

体術、斧、槍あたりがまだレッドジャケット先生で閃きそうなのでもう少し粘る予定なので、ちょっと足踏み状態です。
グレートクラックの地図、ポジション取得目的で売ってしまったのですけど、地図を売るとレアモンスターの出現確率が減るらしいですね・・・・。
今回はレッドジャケット先生目的なので、揺れる蜂の巣に突撃→キラースワプのみの時は全力逃走→再度揺れる蜂の巣に突撃・・・を繰り返しているので、(マップから外に出ずに全力逃走で入口に戻されれば、揺れる蜂の位置は変わらないので楽です)そんなに苦労はしていないのですが地図を売らなければよかった。。。。

3周目をやることがあったら、注意しておきたいところです。



技の覚醒を狙って、誰に武器を装備させるのか?というところなんですけど、公式ではアナウンスされていませんが、やっぱりキャラにより覚醒しやすい武器ってある気がします。

現在連れている、ミュルスくんはオールラウンダータイプでなんでも閃きやすいですけど、特に弓と剣が良い気がするし、フィルミアくんは初期槍装備ですけど、うちのカエルくんは大剣の閃きがピカイチです。
ガーネットさんは、剣が早かったかな。弓や杖も良さそうだし、精霊術は風が相性良さそうな感じもしていますね。

今のところ、

ミュルス→弓、剣、槍

カエル→大剣、盾、斧、体術

ガーネット→弓、杖、


こんな役回りで技の覚醒を狙います。

基本的に覚醒しやすい印象のある武器を持たせているのですけど、ガーネットの杖はビジュアル的な問題です。ミュルスの杖ってなんか似合わない(個人的感想)ので、槍を担当してもらっています。女の子キャラの杖アクションは好きなんですけどね^^

ビジュアル的と言えば、ミュルスくんの大剣も良かったな~(超個人的主観)

Hni_0051_2

Hni_0048

でもカエルの頑張りにより、カエルにとられてしまったラハト・ケルブ。。。

Hni_0067

大剣は霊器がラハト・ケルブだけなので、武器の奪い合いになっているのです。。。



因みにガーネットさんは何持たせてもアクションがステキ。

Hni_0060

Hni_0050

Hni_0038

術の詠唱ポーズも板についています。(あくまでも個人的主観ですw)








さてさて。アイテムコンプに向けて、ショップでの買い物をする機会も多いので、お金も足りないし・・・・。視界不良域が発生したら、キラでしか入手できないアイテムも回収したいし・・・・。


そんなこんなで、グレートクラック付近でウロウロはしばらく続く予感・・・・

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・16

2周目、ミュルス編。

オープニング~谷の遺跡終了





2周目スタートしました。

主人公キャラは7人選べますので、7人全員のエンディング回収・・・・といきたいところですが、モチベーションがいつまで保てるかわからないので、今周回の目標は・・・・


ココを消さない!!

技(戦技、精霊術)の全取得 !!



できればアイテムも全コンプ。。。といきたいですねぇ。一周目で、ラハト・ケルプはドロップしているのでバンジャ・トゥバンを狙っていきます。ドラゴン系とか砂漠のレアモンスターのドロップがかなり厳しそう・・・。このあたりのドロップ狙いの敵は運ゲーが入ってきたりするので、できるところまで頑張ってみようかと。

ところで、1周目で手に入れたアイテムで引き継ぎ可能なものは、装備させてクリアするとショップの掘り出し物として購入ができるようになるようです。1周目で取得した引き継ぎ可能なアイテムは『ラハト・ケルブ』。お値段は18,000St。初期では購入が厳しいですね。

引き継ぎたいものは、ラスボス戦前に必ず装備しておかないといけないのですよね?そうすると、何度かの周回でアイテムコンプは目指すべきなのかも・・・と思ったりしています。




さてさて。ミュルスくんスタートのメンバーはこの3人でした。

Hni_0028

某騎士団に所属するガーネットさん。

記憶喪失の謎の少女(?)ビアンカさん。


オープニングでは、ガーネットがビアンカに冷たくあたっておりました。まあ、命がけの冒険に戦闘の経験がないお嬢さんがいたのでは困りますものね。(冒険者らしくないビアンカに対してガーネットがつっかかっておりました)

ビアンカは3周目(←やるのか?)の主人公にする予定なので、即チェンジをお願いして・・・。
1周目で使っていないキャラで冒険を進めたかったので、ここは選択の余地なくカエルくんをお供に加えることに・・・・

カエルくんは、その昔アヴァロンにあったカエル王国の末裔らしいですしね。アヴァロン探索にはあっているのではないかと。



谷の遺跡攻略時のステータスですが、こんな感じの武器の分担になっています。↓

Hni_0031

Hni_0032

Hni_0033

フィルミアとガーネット、HP高いですねぇ。どちらがガードしても良い感じですね。現時点ではガーネットが『ウェポンガード』(大剣技)。フィルミアが『ソフトガード』(盾技)を覚えてくれているので、敵の数が多いときはどちらかがガードポジションで頑張ってもらっています。

装備は・・・まだ序盤ですからこんなものでしょう。。。まだショップに良い防具が出ないのですよ。交易でもめぼしいものが出なくて。防具がそろうとバトルが格段に楽になるのですけどね。

防具に比べて、武器は(ミュルスの)けっこう豪華です。幸い、一回目の交易(5000St)にで霊器『カンタ・セフィーロ』が入手できたのと、モンスタードロップで赤・青・緑の水晶の杖が手に入ったので、こんな感じになっています。

交易リセマラをしてみようと思っていたのですが、一発で出ました。
手順:交易開始前にセーブ・宿屋にて
→交易を依頼する
→クィックセーブ
→本体の時計を交易終了時間まで進める
→クィックセーブデータをロード・Continue
→希望のアイテムが出なければリセット。

LoadDataからセーブデータをロード

 

→交易を依頼するへ戻る・・・と続きます

※本体の時間を進めるとペナルティのあるゲームもありますので、お気を付けくださいね。

※↑追記。3DS本体の時間をすすめると交易ができなくなるバグが発生するようです。2035年以降にすると云々というものが有名ですが、それ以外でも発生する可能性があります。私の場合、サブDSにカードを挿して時間変更を数度しましたが(1日進める作業を5度程)、その時は問題なし。
メインDSに戻して、1週間ほどは時間操作せずにゲームをしてきましたが、突然バグが発生しました。その間、船の派遣は問題なくできていました。(そもそもメイン3DSは購入後2年になりますが、一度も本体操作で時間変更をしておりません)

状況:キャラベル(1000St)を派遣→アイテム回収(リアル時間経過による)→再度キャラベルを派遣→時間経過なしの状況になっております。

Hni_0075

↑派遣したばかりの状態から24時間経過後も進展なし。

これで、派遣でしか入手できないアイテムの回収が難しくなりました。お気を付けくださいませ。

追記終了
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



最終的に3人に回避カンター技が使える武器を使わせたいので、杖、槍、大剣は標準装備にしたいと思っています。

担当については、検討中。

精霊術を効率よくつかわせるためにも霊器をどう配分するかというのもあるのでなかなか難しいところです。

ひとまず、ミュルスくんは弓を持たせました。

SPは使いまくりますが、2人くらいで散水射使わせると、後半の雑魚戦がすごく楽になるのですよ・・・あと、『固定砲台』も使い勝手が良かったので(特にモンスターがたくさん出るとき)弓は二人に持たせても良いかな。

あとはラハト・ケルブを誰かに持たせて、、、、

覚醒を狙いながら、調整していく必要がありそうです。

ミュルス編は今のところ盛り上がりもなく淡々と進んでいますが、一応精霊使いの末裔らしいセリフもありました。↓

Hni_0029

1周目がエロイーズでオープングエピソードもしっかりあったし、遺跡の機能を復活させるたびに、イベントがあったのでちょっと拍子抜けというかなんというか・・・

オープニングも、『精霊たちがあの島に集まっている・・・』的なコメントだけでしたし。



最近流行りのストーリー仕立てのゲームでなくて構わないのですが(どちらかというと、ストーリー性よりゲーム性を求めるタイプなので)、もう少しキャラの背景が見えるくらいのコメントが欲しいものですね。ロマサガ1程度でも良いので。(購入前にストーリーは皆無に等しいくらいの噂を聞いていましたので期待はしていなかったのですが。)ストーリーがなさすぎると二次創作もしてもらえなさそうな気がします。せっかく小林智美さんのイメージ画はとても素敵なのに、もったいない。

ところで。1周目終了のご褒美はキャラ画が増えること。

Hni_0034

Hni_0035

なんか、、、、、ミュルス、拗ねているよ~怒ってるよ~。。。。

 

フィルミアはテンション上がりすぎだよ~

 

ガーネットは落ち込んでる?それともお腹が痛い??


そんな感じに見えるのは私だけ?このご褒美はいらないかも・・・・と思うのでした・・・・

えーと、今年は佐賀で『ロマンシング佐賀2』イベントが行われますね。今のところ唐津線をラッピング電車が走ることが発表されていますが、3月21日に出発式が行われるらしいです。・・・・行ってこようかな。詳しい発表があったら検討したいと思います。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・15

エロイーズ編、エピソードの回収及びエンディングです。

Hni_0010


ゴーレムコア取得後宿屋で寝ると、回想イベントが発生します。そのストーリーをテキストにまとめてみました。

・・・ダメよ、火喰い鳥の灰はもう試したわ。もっと強い力が必要なの。

申し訳ございません。他に生命に影響するほどの触媒となると・・・

どんな小さな情報でもいいの。何かない?

ですが・・・いや、でも一つだけ、真偽の程は確かではありませんが

いいわ。聞かせてちょうだい。

近年になって、北絶海に浮上した、アヴァロン島の話はご存知でしょうか。
精霊使いどもの伝承によれば、かの島に、『星杯』なる秘宝が眠るとされております。
星杯を手にしたものは、『永遠』を授かるといわれております。



永遠?

はい。『生ける永久機関』『不老不死の霊薬』などなど様々な説がございますが、詳細は不明。
無論、存在自体がガセネタの可能性も、十二分にございます。

まるで賢者の石ね。
だけど、精霊使いたちは、私たちとは異なる知恵を持っている。
持ち主に『永遠』を授ける星杯・・・・。


Hni_0094_2



待ちなさい!あなた、何をしようとしているかわかっているの?
この国の錬金術は門外不出の秘術。
錬金術師であるあなたが、任務以外の目的で国を出ることは許されない。
もしその掟を破れば、あなたは・・・・。

そんなことは承知の上。
今更止めても無駄よ。
私はアヴァロンへ渡り、なんとしても星杯を手に入れる。
どうしてもって言うなら私はあなたを・・・

いい覚悟ね・・・。やってみなさい。

ハァハァ・・・・

懲りないわね、まだ立ち上がるの?
あなたは私に勝つことはできない。永遠にね。

・・初めから力で勝とうだなんて思ってないわ。
あなたは、もうこれ以上長くは戦えない。・・・そうでしょ?

リディア!そのことをどこで・・・・?

!!あなた、まさかそのためにアヴァロンへ・・・?うっ・・・・!!

Hni_0087

出国許可証はあるか?

ここにあるわ。
私はエロイーズ・アシュレイン。城下町の薬師よ。
行く先は、北絶海アヴァロン島。仕事の依頼で、精霊の調査にむかいたいんだけど。

よかろう、出国を許可する。

はーい。ありがとね。

Hni_0028_2

回想終了。エロイーズの本当の名前はリディアというらしいですね。星杯を求める理由はこういうことだったのですね。

そしてエンディングでの一コマ。

Hni_0019

星杯・・・、ほんのかけらだけど、確かにいただいたわ。

正直、神人だの、この島の真実だのそんなことはどうでもよかった・・・・。

すべては、我が師であり、姉であり、かけがえのない友人である、
あなたを、死病から救うため。

たとえこの命に代えても絶対に死なせはしない・・・。

待ってって・・・・、エロイーズ!

Hni_0020

Hni_0021

Hni_0022

Hni_0023

Hni_0025

無事エロイーズ編終了です。このあとリディアさんはエロイーズさんを救えると良いですね。

次から2周目に入りますが、無事クリアできたらキャラのエピソード回収をしておきたいなと思っています。・・・がどうなりますことやら。



レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・14

幻の都~エンディングです



ついにやってきました。ラスボス戦です。


これが星杯らしいですよ?↓でかすぎますね。

Hni_0059

そしてこれが、神人の王↓

Hni_0072
何やら怪しげな・・・・・足元の細いものは何?ハイヒール?それとも天狗下駄?


原画は拝見していないので、どんな感じだったのか見たいものです。女性ぽいような、少年っぽいような感じです。


このラスボスですが、手前の王は本体ではありません。後ろの星杯を攻撃します。

手前の王の攻撃は2回攻撃。ガードにきっちり仕事をしてもらいましょう。(ここは一人で問題なし)

そして残りのふたりは、サポートとアタックで。

壁はサンライトカーテン推奨。切らさないように注意しましょう。
そして、精霊秤で(Yボタン長押しでそれぞれの精霊の割合が数字で見られます)水属性が一番多くなっていることを時々確認しましょう。

星杯と精霊の奪い合いになりますので属性に偏りがでることもあるのですが、闇属性の割合が高くならないように気を付けます。



ここからは個人的な感想とボス戦攻略の戦法についてです。

ガードはとにかくガードに徹します。(王の攻撃を防ぐ担当)

後ろのふたりは、常に精霊をキープ。また水の呼びかけは1ターンおきに行うと場が安定すると思いました。

また星杯は、大いなる呼びかけで奪った属性の精霊術を次のターンに(必ず?)使ってくるようなので、奪われた次のターンは必ず取り戻すようにします。

私のパーティでの役割分担は・・・・

オーウェン:ガード。ソフトガード一択

リベル:水属性担当。1ターンおきに『大いなる呼びかけ:水』を詠唱。空いたターンは攻撃or回復。弓技『ピンポイント』

エロイーズ:炎・風属性担当。『サンライトカーテン』詠唱要員。それ以外は、攻撃。弓技『フラテルサイド』


水属性を奪われたターンは敵が999回復するので厄介ですが、地道に削るようにします。

精霊秤の数値は1でも上回っていれば場が保たれていますので、無駄に割合を上げる必要がないので、1ターンおきに『大いなる呼びかけ:水』を詠唱しておけば、確実だとおもいます。


↓↓さらに第二形態↓↓

第一形態と攻略は変わりませんが、敵の3回攻撃になります。大いなる呼びかけ使用時など攻撃1回の場合もあります。ここからは、回避カウンター技が大活躍しました。

ここからは、精霊秤が壊れてみることができなくなりますので、場の維持には定期的な大いなる呼びかけの使用が必要となってきます。

オーウェン、エロイーズにはガードポジション、『懸待一致』と『滝流し』。エロイーズは風と炎の大いなる呼びかけと壁はり係りも兼任です。

リベル、1ターンごとに『大いなる呼びかけ:水』を詠唱。空いたターンは攻撃or回復。

余裕があればオーウェンorエロイーズに炎技『ウォームアップ』or『ベルセルクル』を使っておくと、火力がでてお得です。
敵の攻撃に対して一回700ダメージ程度が入ります。3回攻撃なので、全部回避カウンター成功の場合は2000ダメージ越え確定。
カウンター技の覚醒を粘ってよかった~と思えた瞬間でした。


体感では、第一形態より楽勝だったかな。それにしてもこのバトルは処理速度が遅くてちょっとイライラしたのは内緒です。



晴れてエンディングです。

Hni_0077_2

Hni_0081_3

・・・・このエンディングを見て、ゲーム開始当初の『アヴァロン島では月のない夜は漆黒の闇に包まれる・・・』というエピソードを思い出すのでありました。。。。

ところで最後にクリアにかかった日数が表示されるのですが・・・(ゲーム内で宿に泊まった回数です)

Hni_0026

狙ってもいないのにゾロ目でした(笑)

ショップの品ぞろえを変えるために、結構宿泊したからな~。





さて2周目の主人公はこの人。

Hni_0027
ミュルスくんです。


でも次回はもう少しエンディングの話。エロイーズさんのエンディングエピソードをまとめます。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・13

精霊の滝~幻の都へ突入。


大砂漠にも足を踏み入れたのですけど、いろいろと面倒なのでストーリーを進めます。


精霊の滝から、神々と頂へ・・・
精霊の滝は、奥に進むだけなのでダンジョンではありません。


神々の頂には、ジュエルゴーレムがいるので、倒してゴレームコア:炎・風・水を入手。一合目の球体に触れると球体が作動し、幻の都へ行けるようになります。

Hni_0042

↑風と、炎が作動した状態。奥に水のゴーレムコアをセットしたら完了です。

ダンジョンはいつもと同じように、遺跡を作動させつつ行ったり来たり。モンスターは強いですけど、SPをがんがん使って進めば怖くないです。(この時点で、協力な戦技がないと厳しいので、グレートクラックのレッドジャケットあたりで覚醒をおすすめします)

ここでは、ブラックドラゴンが出現するのですが、強いので相手にせずスルーが推奨ですね。仮に当たってしまっても、逃げることができますが入口に戻されてしまうので注意です。ブラックドラゴンは買ってに移動しますので、もし通路を遮っているようでしたら、一度別の部屋に移動すればOKです。




球体が全部作動すると、ついに幻の都。いわゆるラストダンジョンです。

Hni_0043

Hni_0044

Hni_0045

ダンジョンのあちこちに神人がいます。話しかけると、戦うor逃げるを選択できます。戦う場合、くずれて消えてしまうかもしくは影人が現れバトルになります。


・・・幻の都の住人が影人になってしまったということでしょうかね・・・


奥に行くと、ラスボスひとつ手前のケルビム。シンボルに近づくと勝手にイベント発生です。

ずっと話には出てきたけど、誰なのかわからなかったケルビム。ついに登場です。ビアンカが主人公だと何か特別シナリオがあるのかな?

Hni_0052

ケルビムは、『ラハト・ケルプ』をドロップします。(後で調べたらさらにレアな装備『パンジャ・トゥバン』というものを落とすらしいですね)何やら2周目以降に引き継ぎもできるみたいですし、炎の霊器でもありますから貴重です。

ケルビムは体力はそれほど高くないのですが、時々使ってくる『火炎の一薙ぎ』が脅威です。全体攻撃で、壁をはってない場合は500から600のダメージをくらいます。(私のパーティの場合)
スプラッシュウォールで防御を高めて、場を水属性に傾けておかないと一発で全滅とかあります。

2回連続で火炎の一薙ぎが飛んできときは泣きました.....


ケルビム撃破時のパーティステータスは・・・・

Hni_0054
A:38、G:33、S:29

Hni_0055
A:41、G:26、S30

Hni_0056
A:12、G:37、S:5

しっかり『火炎の一薙ぎ』対策をして臨めば、大丈夫なレベルかな。

型としては、エロイーズ、リベルが2ターン目までに、3種類精霊の呼び出し+スプラッシュウォールの壁はり。オーウェンはガードポジションで『懸待一致』にてカウンター攻撃狙い

3ターン目以降は、リベル、オーウェンがガードポジションで、リベル『固定砲台』or『ピンポイント』。オーウェンが『懸待一致』。エロイーズは『大いなる呼びかけ:水』(場を水属性に保持のため)

場が水属性の割合が高くなったら、3人でガードポジションでガンガン殴る。邪の属性が高くなると、被ダメージが上がるので、時々確認しましょう。

回復動作時は(火炎の一薙ぎをくらい、HPが厳しい場合)エロイーズひとりガードポジションで『滝流し』で、あとの二人は薬箱で回復。

こんな流れでの勝利です。



『ラハト・ケルプ』は、運良く3回目のバトル終了時に入手。ラッキー^^




神人の話を回収して、装備を見直したら、ラスボスに挑みたいと思います。



2周目の主事項はミュルスかビアンカの予定。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・12

底なし窪地へやってきました。

話はそれますが、Map情報を攻略前に売り払っておくと、『敵が減る』らしいのですが体感で減った気がしないのでいつも売り払うのを忘れて攻略しています。

・・・そんなに違いますかね?回復させてくれる冒険者が出現するのはうれしいことですが、

ということで(?)今回もMap情報を売るのを忘れたまま、底なし窪地へやってきました。



ところどころで出てくる針と別の場所へ飛ばされる黄色い光に注意ですね。

Hni_0039_2

Hni_0040

針は最大HPが減るので特に要注意ですね。一部黄色い光にのまれないと行けない場所もありますので(歌う岩あり)、悪いことばかりではないのですけどね。

さて、ここではココのイベントが発生します。

Hni_0014

Hni_0015

・・・黒い渦にのみこまれ、ココは姿を消します。その後、ココは出現しなくなります。

Hni_0023

↑ちょっと寂しいwww

ココを消さないで進めることもできますが、底なし窪地のボスが強くなってしまうので(ここでイベントをこなせばボス戦では2体出現となりますが、イベントをこなさいとボス戦は3体になるそうです)、一周目はふつうにココに別れをつげることになりますね。

因みに、底なし窪地3丁目のココはスルーで、影の国のマップで壊れているゴーレムの前に『ゴーレムコア:邪』が落ちているそうですよ。

2周目はココ救済で進めてみたいと思います。

底なしの底、影の国には影人がいます。しかも複数体出ますので、逃げましょう(笑)。影の国は視界不良になっているので、わかりにくいですが、すべての遺跡を調べると視界がもとにもどります。

ボスは・・・影人×2(ココを助けていれば×3)とのバトルです。打撃攻撃が多いのでスプラッシュウォールは忘れずに!!(時々全体攻撃あり)

そろそろ終盤に突入ですね。

引き続きパーティの強化をはかっています。

何度も言ってますけど、このゲームは戦って得た経験値の積み重ねでレベルが上がっていくわけではなく、戦闘時もしくは戦闘終了後にランダムでどこかのステータスが伸びるタイプのゲームです。
ついでに弱い敵といくら戦ってもステータスの上昇は見込めません

ロマサガですとモンスターによって、技術点などが設定してあって、バトルオススメモンスターとかいたのですけど、レジェンドオブレガシーは純粋に強い敵とバトルするのが得策のようですね。(ロマサガはプレイヤーが戦闘を数こなすとモンスターもレベルアップし、弱い敵とは戦えなくなる仕組みでした。)

今更なんですけど、プレイヤーにはそれぞれ『アタック』『ガード』『サポート』のステータスがあり、それがキャラの成長に影響があるわけですね。

『アタック』が高いと攻撃力が。『ガード』が高いと防御力が。『サポート』が高いと素早さがそれぞれ高くなっているものと思われます。

そして、『アタック』が伸びやすいのは『アタック』のポジションをとっているとき。

『ガード』が伸びやすいのは、『ガード』のポジションをとっているとき。

『サポート』が伸びやすいのは『サポート』のポジションをとっているときですね。


したがって、一つのキャラをいろんなポジションに置くことで、全体的なステータスアップにつながるものなのかな?と今のところの私の理解です。

あくまでも、『伸びやすい』ということであって、ずっと『ガード』でもアタックやサポートレベルが上がることもあります。

「○○は被ダメージが高いな」と思ったら、ガードのレベルが低いのかもしれません。低いようでした、ガードレベルを上げれば良いわけですね。

そこで各ステータスや、技の閃きを狙うのですが、どこで誰と戦うのがベストなのか。。。

序盤は『沸き立つ海』のリザードマンを相手の覚醒がオススメなのですが、新大陸浮上後は消滅してしまいますね。(しかもリザードマンはもはや雑魚だし)

そこで新大陸浮上後の道場はどこなのか??と調べておりましたら、ありました!!


ゲーマーの皆様ありがとう。

コードネーム『レッドジャケット先生』。

場所はグレートクラックの蜂の巣。↓動いている巣の近くに行くと飛び出してくるアイツです。
キラーワスプとレッドジャケットが出ます。レッドジャケットが目的なので、先頭に赤いヤツが出てくるまで逃走するのが多分正解です。(レッドジャケット一匹のために狩ってるといってもよいかも。。。蜂の巣)

Hni_0035_2

Hni_0036_2

↑これはキラーワプスだけの一団です。一番前に赤いヤツがでてくるのが一番覚醒を狙えて良いと思います。

攻撃は多少痛いので、水と風の精霊は呼び出しておいてHPとSPの回復を毎ターンはかりつつ。ここはダイビングが痛いからエアーパラソルもしくはエアリアルガードもしくはヒートプルーフ(サンライトカーテンの覚醒狙いも兼ねて)が良いと思いますがどうでしょう。(私はそんな感じで)

おかげさまで無事、『滝流し』『懸待一致』『ベアカバー』のカウンター技、火属性の防御技『サンライトカーテン』を覚えました。カウンター技は炎の精霊術『ベルセルクル』をかけておくとなかなかのダメージ量。素敵です。

ようやく、HPの低いリベルくんも400に到達・・・もう少し技の覚醒を粘ったら、精霊の滝と大砂漠へ向かいます。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・11

底なし窪地へ赴く前に、ポジションの取得と武器・戦技の確認です。



ポジションは残り6つ、無事取得しました。

沼竜の領域にて、ブレーク、ストライクをゲット。↓

Hni_0011_2

Hni_0019

グレートクラックにて、プレスとマッチアップをゲット。↓

Hni_0018

Hni_0022



テーブルマウンテン東にてアフターハンドをゲット↓

Hni_0024


テーブルマウンテン南にて、ターンオーバーをゲット↓

Hni_0021

・・・・ついでに、沼竜の領域にて『大砂漠の地図』をゲットです↓

Hni_0020_2

ポジションの効果は・・・


ブレーク

自分自身の守りを犠牲に、素早さを何より優先する拙速のサポート系ポジション

ストライク

敵味方の行動後まで攻撃をためて、最高威力の攻撃を狙う。行動は遅くなるが攻撃力は絶大だ。


プレス

味方と歩調を合わせて攻撃を行う。味方のアタック系ポジションの人数に応じて高い攻撃効果を得られる。

マッチアップ

敵が少ないほど、ダメージ減少の効果を高めるガードスタイル。


アフターハンド

行動を遅らせて味方の態勢の堅守に努めるサポート系ポジション。回復効果も高い。



ターンオーバー

敵の攻撃に対して、積極的に反撃を狙っていくガード。攻撃効果がアタック系ポジション並に高まる。



↑新しく取得したポジションからは、対ボス戦を意識してマッチアップを。私のバトルスタイルに合うターンオーバーを組み込んでフォーメーションを構築するつもりです。





次は武器や戦技のこと。

リベルくんのHPが低くくてすぐに倒れるので、長いことオーウェンには盾でガードをしてもらっていたのですが、それだと火力が足りない。それに、精霊術もある程度集まったので、バトルスタイルを変更していくことにしました。

そこで、オーウェンにはガードをお願いすることには変わりないのですが、武器で回避行動&カウンターをしていただくことにしました。

現在は大剣を持たせているのですが、まだカウンター技は覚えていないので、ひとまずウェポンガードで防御しつつ閃くのをまっているのですが・・・・・他の武器で回避カウンターの戦技があるものに変えていくことも検討中です。

ついでにエロイーズさんにもガードをやってもらう場合があるので(オーウェンが倒れた場合)、エロイーズさんも回避カウンター技の覚醒を狙います。



因みに、回避技orカウンター技はこれだけけあります。↓


素手

さばき(回避のみ)

小手返し(回避カウンター)攻撃力10




切り落とし(回避カウンター)攻撃力20

ディフレクト(回避)


大剣

懸待一致(回避カウンター)攻撃力50




千変万化(回避カウンター)攻撃力50



受け流し(回避)

滝流し(回避カウンター)攻撃力50




ソフトカバー(回避)

ガードアンドバッシュ(回避カウンター)攻撃力25

ベアカバー(回避カウンター)攻撃力60

大剣、槍、杖のカウンター技攻撃力は魅力ですよね。
カウンター技を覚えたら、ガードをターンオーバーにしていこうかと考えているのですね。


私のパーティではエロイーズが弓・杖持ちなので、杖の『滝流し』を覚えてほしいですね。

ガードのオーウェンくんは、大剣の『懸待一致』もしくは盾のベアカバーを覚えたいことです。






武器は霊器を探しています。

それぞれのメインウェポンは攻撃力重視なのですが、2つ目は霊器にしておきたいのですね。オーウェンには『大いなる呼びかけ』をしてもらうわけにはいかないので(ガードに集中していただくため)、残りのエロイーズ、リベルで歌う岩を分け合うわけですね。

現在は、エロイーズが炎と水持ち。リベルが風持ちにしています。(救命箱を持たせています)そうなるとエロイーズは風の精霊術が詠唱できないわけなんですよ。逆にリベルくんは水と炎が唱えられない。


ということで、武器で精霊術が唱えられる霊器を持たせたいということです。

幸い『緑水晶の杖』を沼竜の領域の雑魚的からドロップできたので、エロイーズさんに持たせていますので炎・水・風と3属性の精霊術を詠唱できるようになっているのですね。

リベルくんにも水の精霊術を唱えさせたいことが多々あるので(状態以上の回復とか)、水の霊器がほしいのですよね。


霊器まとめ↓



スプラッシュヒルト(水)攻撃力31

オーロラオーラ(水)攻撃力40

フライトフェザー(風)攻撃力8

ストームシンガー(風)攻撃力28


大剣

ラハト・ケルプ(炎)攻撃力66



フリントアクス(炎)攻撃力8

国護りの斧槍(水)攻撃力8

ミスティルティン(風)攻撃力50




赤水晶の杖(炎)攻撃力22

青水晶の杖(水)攻撃力22

緑水晶の杖(風)攻撃力22



カンタ・セフィーロ(風)攻撃力48


大剣のラハト・ケルプはドロップみたいなので、入手は厳しそうですが、他の武器は交易(5000St)で入手可能なものがほとんど。それならなんとか入手できるかな。

リベルくんにはオーロラオーラ狙いたいのですけど、視界不良域(沼竜の領域)の宝みたいなので、厳しかな。国護りの斧槍は持っているけど、攻撃力が弱すぎる。青水晶の杖もあるかけど、リベルくんは杖は未使用なのでできれば避けたい。スプラッシュヒルトは森の廃墟のお宝みたいなので、頑張ればいけるかな。。。。

ここまで書きながら『ストームシンガー』があるから、歌う岩のかけら水をリベルくんに持たせて、エロイーズさんが『緑水晶の杖』から『青水晶の杖』にチェンジしても問題ないじゃん・・・という結論に達しかけていますwww



こんなことしているから、ゲームが進まないのですよねw




さて、次回は『底なし窪地』です。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・10

基本的にブログの更新は予定投稿をしていますので、記事がアップされた頃にはブログに書いている内容より進んでいたりします。しかもかなり進んでいて間のことがわからなくなることもしばしばww


そういう理由で、何をしていたのかすっかり忘れてしまいそうなので、今回は駆け足で(笑)


『船の森』と『沼竜の領域』です。

『船の森』はショップで購入orグレートクラックからマップを見つけるのいずれかで入手ですね。

ここから雑魚的で出てくる『フナムシ』なかなかの強敵です。

Hni_0003

HPが高い上に全体攻撃してきます。(2回攻撃)一気に何匹も出てくるとかなりきついです。あればエアリアルガード。なければエアーパラソルでもかなり攻撃が防げますね。防御しながらじっくり戦わないとあっさり全滅します。


ここは歌う岩もないですし、特にイベントもあるわけではないですが、最深部からワーフドマップに出ると(影石:底なし窪地のボスの宝)精霊の滝へ行くことができます。

もちろん、この時点で影石は持っていませんでしたので、とりあえずマップだけコンプして売り払いました。一応このマップのラスボスは万年岩+フナムシ×3の大きいモンスターパーティですね。耐久が高くて、HPが高くて、全体攻撃をしてきて(特にデビルレインが恐怖w)、厄介です。(実は最初にこのマップに入ってすぐ、フナムシの洗礼を受けたのでパーティを強化してから望んでいるので、苦戦はしませんでしたがw)





適当にマップコンプしたら次は『沼竜の領域』へレッツゴーです。

ここは水の中を歩くので、速度が落ちるのでモンスターから逃げるのは至難の業です。(一部、遺跡を調べることで水面が固くなり、陸地と同じ動作ができるところもあります。)隠し要素はないので、地道に歩いて地道に遺跡を作動させればマップのコンプは難しくないです。

ただここには、沼竜が出現するので(水中の影)注意です。ここに所見で来ているレベルでは多分勝てないです。(数回、覚醒目的でちょっかい出していますが)
沼竜は翼獣と同じように影に当たらなければ回避できるので、見つけたら避けて進みましょう。(Mapリザードマン王国の水中の影はリザードマンです)

『沼竜の領域』のボスは一応『グリーンドラゴン』かな?

Hni_0008

Hni_0009

良いお返事です。

Hni_0007

さて、このグリーンドラゴンさん、3通りの話が聞けます。全部見ていられないという忙しい方のために、書き起こしてみましたよ。





鱗なき者どもよ。ここは我にまつろう者どもの国。
このような地に、何をしに来た!

→永遠の都を探しに来た

永遠の都?
ふん、沼の底には大食らいの巣があり砂漠のかなたには、蛇や虫の塚があり
山の上には、石人どもの城があり
ここは、我らの都なり
他の者の都を侵すのであれば力をもって成すが良い





→神人の手がかりを探しにきた。

神人、神人とはなにか。我に従う者たちか。
違うな、汝らは剣で蹴散らしてここへ来た。
切り捨てた者を、神の名で呼びはすまい。
同じ、鱗を持つ者に、砂の果てに済む(原文まま)蛇の一族がいる。
卵の時から、ほかの種族に盗まれ食われるより前に生れ落ち、
その種族を支配することで生き延び、自らの王国を作るのだと聞く。
あるいは、そこなる山の頂上にこもる硬き肌の石人のことか。
山をまるごと幻で覆い、同族の証なしには、立ち入ることすら許さない
奴らの成れの果てであればこの地のどこかに潜んでいよう。
だが、ここは我らが同胞の地。
探すというのなら、通行料をいただこう。
汝らの、血と肉でな。





→すいません道に迷いました。

うむ、では仕方ない。
入口まで送ってしんぜよう。
・・・・などと言うと思ったか!
人の庭を土足で荒らす者どもよ。
この地の土に還るがよい!

・・・どの選択肢を選んでも戦闘になるのですけどね。『道に迷いました』回答の時は、ロマサガ2のワグナスタクシーのように、連れ帰ってくれるのか?と一瞬思いましたが、甘い考えでした。

ここも粘ってみましたが、まだ弱くて勝てなかったので放置です。

猛毒のブレスとヘルナパームが脅威です。連続でヘルナパームを使わると一瞬で逝けますw
因みに、オーウェンがHP400越え。後の二人がHP350を越えたところですが無理ゲーでした。 

恐らくですが全員HP400越えてくるといけるかも。。。。。


あきらめて次回は『底なし窪地』です。


ついでにポジションは全種類取得可能になりましたので、ポジション回収&パーティの底上げをしつつの頑張ります。





ところで、攻略サイト見ていると20時間でクリアできるとか書かれてましたが、本当なのかしら。ソフトに記録される時間は20時間だけど、リセットしまくっていて、実質プレイ時間はもっと長いとかではないのかしら・・・・
と30時間を越えた私はぼやいてみるのでした。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・9


岬の廃村のイベントにて新たに浮上したアヴァロンでの探索が始まります。

『グレートクラック』から『テーブルマウンテン』のMap探索です。

『グレートクラック』はショップか岬の廃村にて。『テーブルマウンテン』の東西南北の4つの地図は、グレートクラックから出現or入手したテーブルマウンテンの地図からの派生ですね。2枚は買ってしまったのは内緒です。(買値5000Stの地図を完成させても1800Stにしかならないという悲しい現実)



このあたりからは、Mapコンプのためにはすべての遺跡を作動させて進みます。

お遣いゲームのような感じであちこち行ったり来たり(笑)(謎解きではないので、まさに作業という感じ?)

こんな遺跡は・・・・↓

Hni_0099_2_2

なんとなく正面から調べなくちゃいけないような気がして、ウロウロしていました。正面の手前には石があって触れないようになっているのです。悩みつつ後ろに回ってみたら・・・実は裏からも作動可能だったのですねwww今更知る真実。ここ段差があるので後ろからは絶対無理だと思っていたのですよ。


詰まったらとにかく怪しいところを調べるべし!ということかな。



動かないシンボル(モンスター)も怪しいな~と思っていたら・・・・・

Hni_0100_2

Hni_0001

ほう、、、そうなるのね!

なんか、このタイプのシンボルはたくさん敵が出てくるので嫌なんですよ。案の定出現最高数と思われる7体のモンスターが・・・・・。直前クイックセーブをオススメします。




Mapの攻略自体はさほど問題ないレベルなのでおいておいて。この辺りまでくると敵が強くなってきましたね。そろそろ本腰いれて対策を練らないといけないようです。

とは言え、閃きから技が派生するこのタイプのゲームはただレベル上げをすれば良いというわけではないので、できるだけ強いモンスターと戦いたいのです。(レベルの高い敵程覚醒しやすいので)

今までは、翼獣に閃き道場の先生になっていただいていたのですけど、そろそろこちらが育ってきたので閃きにくくなってきました。残念。格上のシッターはなかなか出現しないし、吠える谷あたりに出現する(アヴァロン大陸浮上後)ワンダーラストなるモンスターで挑戦してみようと思います。

防御系の術やサポート系の術もそろそろ必須になってきたので(状態以上をひく攻撃をしてくるモンスターも出てきたので)、精霊術の覚醒を中心に強化していく予定です。

次に向かうのは、『船の森』です。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・8

次なる目的地は『海の遺跡』。

Hni_0074_2

ここはくまなくまわって遺跡を作動していくと、障害物が取り除かれて通行できるようになるMapですね。面倒ですけど難易度は低いです。特筆すべきこともなしです。

Hni_0075_2

ゴーレムがうろうろしています。怖いですね。目が合うと襲い掛かってきます。

余談ですがポケモンのトレーナーも『目と目があったらポケモン勝負!』とか言っていきなり勝負をしかけてきて、負けるとお金を巻き上げられます。恐ろしいです。


これで水・風・炎の3属性の遺跡の機能が復活したので、『岬の廃村』へ行きイベント発生です。

Hni_0022

Hni_0023

このイベントを発生させると『沸き立つ海』が消滅するようです。





今日は攻略要素は何もないのですが、このイベントのあと冒険王が語る、アヴァロンについての語りを書いておきたいと思います。(RPG的要素の少ないこのゲームで語られる貴重な物語部分ですね)

Hni_0039

10年前、私は祖国に追われ、わずかな手勢と共に海を漂流した。

水も食料も底をつきかけ、命からがら流れ着いた場所は、小さな島だった。

その島の空気はどこか懐かしく、私は、すぐにここが我が精霊使いの一族の故郷であることにきがついた。

島の奥へと進んでいくと、岬で大きな岩を発見した。

そう、そなたらが北東の岬で見つけた「あの岩」だ。

岩に近づくと、歌が聞こえた。私はその歌の内容に聞き覚えがあった。

それは、我が一族に伝わる子守り歌だった。私は、懐かしいその歌に耳をかたむけ祈りを捧げた。

すると突然岩が光輝き、一筋の光の柱が空に立ち昇り、天を割ったのだ。

そして、その光に引き上げられるように、突然、周囲の大地が浮上し始めたのだ。

光の嵐が止むと、一つの島が姿を現した。

私は、その瞬間に唐突に理解した。

ここが先祖より伝え聞いた、我が精霊使いの故郷、そして、伝承の島「アヴァロン」だったのだ。

そう、10年前にアヴァロンを浮上させたのは、この私なのだ。

祖国を追放され、この島に辿り着くまで、私は、私を追いやった者達に復讐することばかりを考えていた。

だが、10年前のあの日、あの「奇跡」を目の辺りにしてから私の考え方や価値観、その常識のすべてが覆った。

一族に伝えられた「アヴァロン」や「神々」や「精霊」はただのおとぎ話でも、伝説でもない。

それはすべて実在するまぎれもない「真実」なのだと。

あの日の出来事を、私は今日まで忘れたことはない。

そう、これは先祖のためでもない、この島の真実を解き明かすことは、私自身の生涯を賭けた大きな戦いなのだと。

だからこそ私は、この10年でイニティウムの街を築き、真実を解き明かすためにそなたらのような勇敢な冒険者たちを呼び集めたのだ。

この話は、俄かには信じてもらえまいと思っていたが、そなたらならば、すべて真実であることを理解できるだろう。

エロイーズ:そうか・・・、アンタがこの島を浮上させたのね。(うーん・・・、冴えないオッサンだとばかり)でもきっかけは、やっぱりあの岩だったのね。

うむ、あの岩の持つ力の正体は、私にも、皆目見当がつかん。

だが、そなたらもこれまでの冒険の中で、度々「奇跡」を目の当たりにしてきたであろう。

だが、その奇跡の源泉には、いずれも共通するものがあったはずだ。

リベル:精霊、だな。

エロイーズ:そして、歌う岩のかけらってわけね

その通りだ。

我々が目の当たりにしている、精霊術に「使い方」というものがある以上、それは何者かによって「生み出された技術」ということだ。

オーウェン:ほう、精霊術を生み出した奴がいるってのは面白い推論だな。

精霊の力を宿す霊器を造り出した者、そして、精霊術を生み出した者の存在を私は「神人」と呼んでいる。

エロイーズ:神人....

うむ

はるか昔、ここアヴァロンは、ひとつの広大な大陸だったと聞く。

そして、その真の姿を、そなたらが今、呼び覚ましたのだ。

もはや、これは偶然などではない。求める意思の力は、そなたらをやがて真実へと誘うだろう。

恐らく神人とは新大陸で必ず相見えるはずだ。その覚悟はあるか・・・・?

Hni_0078

エロイーズ:私は星杯が手に入るってのなら別になんでもいいわ。星杯が新大陸にあるなら行くだけだし、神人が邪魔するってんなら倒すだけよ・
最初に言ったでしょ?星杯を手に入れるまで私は、この島を離れる気はないってね。

リベル:もちろんオレも行くぜ!こんなにワクワクする冒険は生まれて初めてだ。星杯も神人もまとめてオレが見つけてやるぜ!

オーウェン:その神人がオレの探している”神”なのかもしれん。ならばこっちから出向いてやるさ。本物かどうかは、斬って確かめる。

Hni_0079

フッ、なるほどな・・・・。

それでこそ、真の冒険者だ。私が伝えられることは、もはや何もない。

他の誰のためでもない、自分の目と耳で、それを確かめるといい。

そして、この地にまつわる多くの伝説が解明される日が来ることを祈っているぞ。

さあ、ゆけッ!そなたらの手で、この物語に幕を下ろすのだ!

・・・ということで、物語は後半に入ります。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・7

『谷の遺跡』をクリアしたので、新しいポジションをもらうために粘っておりました。




谷の遺跡で入手できるポジションは二つ。

Hni_0080_2

Hni_0081_2

ポジション『リードオフ』と『ディレイド』ですね。

リードオフ;素早さをより重視した切込みのサポート系ポジション

ディレイド;行動を遅らせて大きなダメージを狙う。行動速度が低下して攻撃威力が大きく上昇する。

谷の遺跡のMapに入って左側に移動すると出現するキャラクターから入手可能です。しかし!Mapに入ってすぐ左の木のあたりには翼獣が出現しますので、ちょっと面倒ですね。

この後に行く『沸き立つ海』でもポジション入手可能です。

Hni_0085

リカバー;回復効果に特化したサポート系ポジション。


沸き立つ海はゲームを進めると消えてしまうMapなので、リカバーを入手したい方は、粘るべし!です。


3つ新しいポジションを入手したので、フォーメーションも変えてみましたよ。

Hni_0095_3

以前のフォーメーションで不満だった点は、大いなる呼びかけを唱えるキャラが必ずしも一番に詠唱しないということだったので、より確実に順番を確定させるために、エロイーズとリベルのサポート型を作りました。

Sエロイーズが、リベル@ディレイド+エロイーズ@リードオフ+オーウェン@ガード

Sリベルが、エロイーズ@ディレイド+リベル@リードオフ+オーウェン@ガード

として、サポート要員が必ず先手を取るようにしました。こうすることで、アタックの行動順位は遅くなりますが、必ず大いなる呼びかけ詠唱後に、精霊術が使える(敵に奪われなければ)ようになったので、かなり便利です。

また、ダブルサポートは、エロイーズ@リードオフ+リベル@リードオフ+オーウェン@ガードとしてますが、速度はサポート<リードオフのはずなのですが、バトルではあまり恩恵を感じられなかったです。

アリだーはロマサガ2の名ゼリフです。フルアタです。全員ディレイドです。まったく使いません(笑)


初期フォーメーションのゴッドファーザーはアタックをディレイドに変えただけなので、エロイーズ@レイド+リベル@レイド+オーウェン@ガードの構成。術を唱え終わった後もしくは雑魚敵戦闘用なので、一番使う頻度が高いです。ボス系敵以外はほぼこのフォーメーションですね。



・・・結局、オーウェンが一人ずっとガードし続けてくれないと、どうにもならないのですよね。実質2人で戦ってる感じです。防御系の術を使うとダメージ軽減にはなりますけど、やっぱりオーウェンの一人仁王立ちが安定ですねぇ。今のところ。

ラッキーなことに、交易で『コーストガード』が二つ手に入ったので、エロイーズとリベルに装備させ、基本二人で『散水射』で雑魚はほぼ無双です。相変わらず覚えの良いリベルくんはシルバーレインを覚えてくれましたし。



エロイーズさんはなかなか技覚えないですね。。。相性の良い武器とかあるのかな。もしくはロマサガ名物、初期ステータスの低いキャラは伸びが良いが発動しているのか・・・(リベルくんの初期HP50だしw)

とにかく、なかなか覚醒しないエロイーズさん。頑張ってくださいな。(術はそこそこ覚えが良いみたいですけど)


次は、精霊術を使える武器の入手を目指し5000Stの交易をせっせとしつつ、次のMapを攻略することにします。

とびだせどうぶつの森@タイニー村:マイデザ避難その2

もしもの時のために、マイデザ避難の第二弾です。


ネタは『ポケモン』より『ポケモンバトル』です。

室内装飾に使います。

Hni_0097

Hni_0098

Hni_0099

バトルしているネタなのでブラッキーは後ろ向きです。対戦相手は・・・みがわりを使っているようです。

Hni_0100

床も壁は同じもの。部屋が狭いと良いかもしれません。広い部屋だと寂しい漢字になってひまいボツアイテムとなってしまいました。

レジェンドオブレガシー@エセ測量士のプレイ日記・6

『谷の遺跡』探索の続きです。


ひとまず、『うたう石のかけら:風』を入手したので、再度塔に向かいます。


塔一階東側の遺跡を調べて、作動させます。

Hni_0052_2

それから塔の2階へ。(東側の階段から上っても、塔1階北側のワープ装置を使ってもOK)

塔2階西側のワープ装置を使って塔3階へ。


ゴーレムコア:風との戦闘です。(ワープ先の奥にいるのでクイックセーブを忘れずに)

Hni_0056_2
↑何やら誰かに似ていますね。クリア前なのでなんとも言えませんが関係があるのかな?

Hni_0057_2
↑ゴーレムコア:風をゲットだぜ!!


それから一旦塔の外へ。




↓中庭中央入り口(塔の)向かって左の遺跡を調べで作動させます。

Hni_0065_3


塔中央入口から入って2階へ。奥のワープ装置が作動しているので、そこから塔の3階へ。

紫色の光に触れると2連戦のバトルに突入します。

勝利したら、南側のワープ装置を使い風笛のテラスへ。

Hni_0058_2

↑奥の球体を調べると、谷の遺跡の機能が復活します。

ここまでで探索終了です。

ふぅ。やっとコンプです。(記事では触れていませんが2階東側のワープ装置を使って塔3階へ行かないとMapはコンプになりませんのでご注意ください)



あちこち調べて、探して、お遣いゲームのようになっておりましたが、なんとか終わりました。よかったよかった。さて次は『沸き立つ海』ですね。


このあと、宿屋で宿泊したら変な夢を見ました。何のフラグなんでしょうね?



谷の遺跡迷いまくったせいで、結構強くなったようです。谷の遺跡探索開始時は敵が強くて大変だったのですが、楽勝ですw。まだまだ序盤。のんびりと進めていきたいと思います。

とびだせどうぶつの森@タイニー村:マイデザ避難

つい先日の話。

仕立て屋から出ようとした瞬間突然のフリーズ。(どうぶつの森の話ね)

強制終了となってしまいました。



今回は問題なしでしたが、セーブデータが消えたらどうしようと心配になったので、せめてマイデザのデータだけ避難させておこうと思い立ちました。


ということで、地面デザインのQRデザインの保管用の記事です

畳みます↓





続きを読む "とびだせどうぶつの森@タイニー村:マイデザ避難" »

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

とびだせどうぶつの森

ポケモンオメガルビー

ポケモンアルファサファイア

レジェンドオブレガシー

  • レジェンドオブレガシー

ムジュラの仮面

  • ムジュラの仮面

メールポスト