最近のトラックバック

掲示板

無料ブログはココログ

カテゴリー「書籍・雑誌」の1件の記事

真実は時の娘

自己紹介には特に書いていませんが、オットは小学生の頃からミステリ関係の本を読むのが大好きで、小学校中学年まではポプラ社のルパンシリーズを、高学年からは創元やハヤカワの文庫本を読み漁っていました。ただ、和製ミステリはなぜかほとんど読まず、唯一横溝正史の金田一ものの中で著名な(=映像化されている)本を読んでいました。まあ、西洋かぶれなわけですよ。

さて、本日連投になりますが、ご紹介するのはジョセフィン・ティ『時の娘』
(ハヤカワミステリ文庫)です。

ミステリの中で分類するのならば『歴史ミステリ』とでもいうものでしょうか?舞台は現代イギリスですが、謎解きの対象となるのは、ばら戦争後のイングランド。シェークスピアをお好きな方はご存知かもしれませんが、リチャード3世という王様は、先王の子供をロンドン塔に幽閉し殺してしまうなど、極悪非道の人物として知られています。しかし、訳合って長期入院することになった主人公の刑事が、見舞いに訪れた人の持ってきた本に載っていたリチャード3世の肖像画を見て、「この人はそんなに悪い人ではないのではないか」と感じたのがこの物語の発端となります。

長期入院中ですから、もともと外出できませんが、そもそも何百年も前のことを捜査に行くわけにもいかないから、まあ、誰がやっても安楽椅子探偵にならざるをえませんね。ただし、図書館などで文献集めをする必要がある際は助手を使います。

物語も佳境を迎えると、誰に動機があり、誰が最終的に利益を得たのか、ということが
提示され、巷間言われている、リチャード3世悪玉説は間違いではないのか、後
世の誰かが捏造したものではないのか、という主人公の考えが語られます。

非常にワクワクしながら読める本ですが、穿った見方をすれば、この本の語りたいことは、
1.歴史は勝者が作るもの
2.(歴史上でも犯罪でも)一番の受益者をまず疑え
ということだと思いました。こう書くとネタばれですね。

西洋の歴史に興味があり、かつミステリも好き、という方に特にお勧めの一冊です。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

とびだせどうぶつの森

ポケモンオメガルビー

ポケモンアルファサファイア

レジェンドオブレガシー

  • レジェンドオブレガシー

ムジュラの仮面

  • ムジュラの仮面

メールポスト